40代からの生き方

【40代の主婦向けライフハック】できない自分をダメ人間と責めていませんか?代わりにやるべきこと

【40代の主婦向けライフハック】できない自分をダメ人間と責めていませんか?代わりにやるべきこと

こんにちは、MAMIKO(@yumebangkok)です。

 

過去の私はできない自分を「ダメ人間」と責め続けてきました。

子育て中にうつになって、仕事を辞めて引きこもっていたこともありました。

 

ですが、本当は自分が「ダメ人間」なのではなく、やり方・生き方が間違っていただけでした。

 

というわけで今回は過去の自分にメッセージを送るつもりで書いていきたいと思います。

 

今現在、自分のことをダメ人間と思ってしまう人はぜひ読んでみて下さい。

 

心を楽にしてくれる気づきがありますよ。

 

というわけで早速始めていきます!

 

できない自分は本当にダメ人間?

できない自分は本当にダメ人間?

 

何をやってもできない、うまくいかない。

周りのみんなはうまくいっているのに、なぜ自分はできないのだろう?

こんなにがんばっているのにできないなんて、ダメ人間だ。

 

 

こんな風に思ったことはありませんか?

 

私はいつも思っていました。

 

こんなに努力しているのに、平均以上にもなれない私は人として欠陥品じゃないかと思って何十年も生きてきてしまいました。

 

でも、できない自分そのものが愚かなのではなく、愚かなのは自分の思考なのではないかと気づいたんです。

思考なら、自分次第で変えられますよね。

 

ダメ人間だと思ってしまうのはなぜ?

 

ダメ人間だと思ってしまう理由、それは「自分を変えたくないから」です。

 

過去の私の経験からすると、ダメ人間だ〜と思うことで、物事を解決することから逃げているんですよね。

 

ダメ人間と思うことは、行動しない言い訳ともいえます。

 

そんなできない自分をダメ人間と思ってしまう思考から抜け出すには「行動あるのみ」です。

 

ダメ人間と思う代わりにやるべきこととは

ダメ人間と思う代わりにやるべきこととは

 

ダメ人間だと思ってもいいんです、ただし一瞬なら。

 

その代わりすぐに「どうしたらできるようになるのだろう?」と考えることで、否定的な感情が収まってきます。

 

「どうしたらできるようになるのだろう?」が自分を変える

 

「どうしたらできるようになるだろう?」

 

と考え行動していけば、ダメ人間とは感じにくくなります。自分を「なかなかやるな!」とも思えるようになってきます。

そう考え実行していくことで、自分を変えていけます。

 

そして、大抵のことは努力次第である程度のレベルにはなれるのかと。

 

30分早起きする、SNSを見る機会を減らす…などして時間を作って、その時間に自分が今できないなと悩んでいることに取り組んでみる。

 

ほとんどの人がこういった努力が苦手です。

努力するのが大事といっても、特に私たちのような40代の主婦で実行している人は10人に1人いるかいないかくらい。

 

だからこそ、やる意味があります。

 

そんな小さなことの積み重ねで、「できない→できる」になることって結構多いですよ。

 

環境づくりに取り組もう 

 

先日、下記ツイートをしました。

 

「自分の決めたルールを守る」それさえもできない自分を意思がない!と責めていました😓

でも、責めるのをやめて自分の弱さを受け入れ「どうしたら守れるようになるんだろう?」と考えて行動→改善をしたところ、守れるように🏃‍♀️

やるべきは

✖️意思に頼る

⭕️環境を整える

ですね🤗

 

環境を整える、言い換えると良い習慣を作っていくことも、ダメな自分を感じにくくし、自己肯定できるようになるきっかけになるのではと思ってます。

 

習慣については【40代の主婦向けライフハック】習慣が変われば人生が変わる!3日坊主でも習慣を作るコツも参考にしてみて下さいね。

 

 

できない自分でもダメ人間なんかじゃない、より自分らしく生きるコツ

ダメ人間と思う代わりにやるべきこととは

 

ダメ人間なんてそうそういないのではないかと思っています。

 

生きているだけで、素晴らしいです。

 

比べるは他人ではなく昨日の自分

 

とはいえ、どうしても自分の不甲斐なさを責めたくなる時ってあると思います。

 

周りはできる人ばかり、自分は本当にダメな人間だ…と。

 

思えば持って生まれたものは1つとして同じものはないし、他人にはなれません。

 

また、他人を比べるのは人の本能でやめられないことだけれど、意味のないことでもあります。

 

せめて昨日の自分より成長することを意識して、それに喜びを感じられればダメな人間だなと思う回数は激減しますよ。

 

自分の成長に集中できるようになると、自信もつきます。

 

「ありのままの自分でいい」が原点

 

例えば、このような声かけがあります。

 

  • できないことがある不格好な自分でも、ありのままの自分でいい
  • たくさんのことを乗り越えてこれた私はすばらしい
  • 今の自分で十分幸せ

 

 

そんなポジティブな言葉を自分に繰り返し言い聞かせていると、不思議なもので本当にそう感じるようになります。

 

実際、仕事、家事、子育て…40年以上、いろんな経験をしてたくさんの苦難を乗り越えて、成長してきたはず。

本当にそれはすばらしく、尊いことです。

 

元々ネガティブ思考な私だったのですが、ポジティブな言葉は自分を変えていくのだと身をもって経験しています。

 

最初は嘘っぽいなぁ、と思っていたのですが。

 

そして、ありのままの自分でいいと「自己受容」できると、心に余裕ができて、生きる活力、意思が芽生えてきます。

 

もっとやりたい、がんばりたいと思うようになります。

 

完璧主義にならない

 

ただし、完璧主義にならないことも大事です。

 

今でこそ10年以上前に患ったうつが寛解していますが、時々どうしてもがんばれないという時がやってきます。

 

そんな時にがんばりすぎると一気に根幹まで崩壊しますからね。

 

家族がそれで病気になり、家族全員の人生が大きく変わったという経験があり、がんばりすぎには注意が必要です。

 

完璧を目指しすぎず、多少ゆるくてもいいじゃないですか。

 

生きていれば、日常生活がそこそこ送れていれば、まずはそれで十分です。

 

ちなみに、どうしてもがんばらない時は作業に没頭するのがおすすめです。

片付けしたり、頭を使わずにできる書類整理したり…。

 

そしてもし自分はダメ人間だと感じて、どうしたらできるようになるかも考えれず行動もできず、心も身体も消耗している時は休んで下さい。

 

そして、身近な人に相談して下さい。

身近な人がいなければ、私に相談でもOKです。

>>悩み相談部屋を開設します(友人関係、夫婦関係、子育てに悩む方へ)

 

というわけで、今回は以上です。

 

この記事を読んでくださったあなたはきっとがんばりやさんです。

それゆえに悩んでしまっているのではないでしょうか。

 

ありのままのあなたで十分すばらしいです。

本当は直接「あなたはすばらしいですよ」と言いたいところですが。

 

ぜひご自分でポジティブな声がけをしてみて下さいね。

 

ここまでお読みいただきありがとうございました!