WEBライター

WEBライターはブログをやるべき!メリット・得られるスキルとは?

WEBライター初心者
WEBライター初心者
WEBライターで稼ぎたいけれど、なかなか案件が獲得できない。文章もうまく書けない。どうすればいい?

 

こういった悩みはありませんか?

 

こんにちは、ゆめ(@yumebangkok)です。

主婦で子育てをしながら、WEBライターと雑記ブロガーとして活動しています。

 

WEBライターは比較的始めるハードルが低いとはいえ、案件を獲得するのはなかなか大変ですよね。

 

そこでWEBライターとして活動していきたい方におすすめしたいのが、「ブログ」です。

 

というわけで、この記事では「WEBライターがブログをすることで得られるメリット」について、理由を含め説明していきます。

 

自分の目標を達成するためにも、賢く努力していきましょう。

 

というわけで始めていきます。

 

WEBライターがブログをやるメリット

WEBライターがブログをやるメリット

 

WEBライターがブログをしていると単純に得をします。

私の場合、先にブログを運営していて後からWEBライターになったという形ではあるのですが、WEBライターとして活動する際にブログをやっていることはメリットばかりでした。

 

その理由は以下の通り。

 

 

  • 案件を獲得しやすい
  • 他の提案者よりもアドバンテージが取れる
  • ブログ経由で仕事がもらえる

 

 

詳しく説明していきますね。

 

案件を獲得しやすい

 

WEBライターとして活動していく第一歩として、クラウドソーシングサイトに登録して、自ら提案していく必要があります

 

その際のポートフォリオとして、ブログの実績を提示することで案件を獲得しやすくなります。

 

というのも、ブログを通して「私はこのくらいのスキルがあります」といったアピールになりますし、人間性をもアピールできるからです。

 

依頼する側にとっても、プロフィール上で「やる気があります!」といっただけの人に依頼するより、初めからどういった人なのかを確認できる人に依頼した方が安心というのもあるでしょう。

 

実際、私はWEBライターとして、クラウドソーシングサイトを使って実績0の状態から始めたわけですが、案件を獲得するのに苦労しませんでした。

その後も、提案したけれどなかなか採用されない…と困ったことはないです。

 

こうしたことから、WEBライターとしてブログをやっていることは、信用貯金をしているとも言えます。

 

他の提案者よりもアドバンテージが取れる

 

先ほど、「案件が獲得しやすい」と述べたこととつながりますが、WEBライターがブログをしていると、アドバンテージが取りやすいです。

 

ここ最近、副業のニーズが高まってきており、WEBライターとして案件に応募する人の数が増えていると感じています。

単価1円の案件でも、応募人数をみてみると30人とか50人とかいったのもザラ。

 

ただ、応募してくる人の中には、軽い気持ちで応募している人がいるのも確かです。

 

ブログをやっている人はまだまだ少ない印象があるので、ブログをやっているだけで、上位にいけて、採用してもらえる確率がぐんと上がるわけです。

 

さらに、提案した案件で不採用になったとしても、依頼者側より以下の様な提案をいただける場合も結構あります。

 

依頼者
依頼者
あいにく今回の案件はいっぱいになってしまいましたが、弊社で扱っている他サイトでライターを募集しており、そちらの記事を執筆していただけないでしょうか?

 

そしてその案件を受けて実績を積めたなら、

 

依頼者
依頼者
弊社のサイトの記事のリライト業務をお願いしたいのですが、単価は〇〇アップの〇〇円でいかがでしょうか?

 

などといった提案をいただけたりします(私の経験談です)。

 

ブログをやらない手はないですよね。

 

ブログ経由で仕事がもらえる

 

すみません、これはまだ私には経験がないです。

 

ですが、ブログ経由(直接依頼)でWEBライターの仕事をもらっている方は結構いらっしゃるんですよね。

 

ゆくゆくは私自身も直接依頼で依頼をいただけるように、WEBライターとしてもブロガーとしても精進している次第です。

 

いつ依頼をいただけるかわからないので、その時のためにもブログを始めてなおかつ「お問い合わせフォーム」を作っておくことをおすすめします

 

WEBライターがブログをやることで得られるスキル

WEBライターがブログをやることで得られるスキル

 

WEBライターがブログをやることで、効率的に個人としてのスキルを高めることができます。

そしてそれは、市場価値を高めることにつながります。

 

WEBライターがブログをやることで得られるスキルは以下の通りです。

 

 

  • ライティングスキルを向上させられる
  • SEO、WEBマーケティングの知識を深められる
  • ブログが資産になる

 

 

ライティングスキルを向上させられる

 

ブログの記事を書くことで、自分の記事がどれだけの人に読まれたのか、どういった記事に興味を持ってもらえたのか、ツールを用いることで分析できます。

 

ブログを書くことで、自然と読まれやすい記事を書く練習ができるわけです。

 

また、WEBライターとして稼いでいくためには、記事を書くスピードを早めていなくてはなりませんが、それはやはり執筆数を増やしていくことで可能となります。

 

というわけで、ブログをやることでこういったライティングスキルを向上させやすくなります。

 

SEO、WEBマーケティングの知識を深められる

 

ブログをやっていると、自分の記事を多くの人に読んでもらうため、Google検索で上位に表示するためのSEOの知識WEBマーケティングの知識が必要となります。

 

この辺りの知識は本でも学ぶことができます。

 

ですが、同じくWEBライターでも、本で学んだだけの人と、ブログで実践を通して学んでいる人では、理解度は大きく異なるはずですよね。

 

WEBライターがブログをやることで、ブログで得たSEOやWEBマーケティングの知識をWEBライターとしての仕事に生かすことができます。

 

そうすると、質の良い記事を提供できて実績になり、次の案件を取りやすくなるだけでなく、単価の高い案件を取りやすくなります。

 

その逆で、WEBライターでの経験をブログに生かすこともできる

 

WEBライターとして案件を獲得できると、記事執筆をする際のマニュアルをいただけます。

これがとても勉強になる内容なんです。

 

マニュアルは確かにネット上でも拾える情報かもしれません。

しかし、そのマニュアルに従って記事を書き納品すると、フィードバックをいただけます。

 

依頼者
依頼者
難しい用語が多く一致率が高くなりがちなのですが、この記事は分かりやすくオリジナルな記事になっていたのが良かったです。

 

依頼者
依頼者
この部分で読者の共感を得られる一文が入っていたら良かったですね。

 

自分の執筆した記事を答え合わせできるわけです。

 

WEBライターとして仕事をしながらお金をいただけて、そこで得た知見を次の仕事やブログに生かすことができる、という好循環が生まれます。

 

ブログが資産になる

 

一般に、収入には2つのタイプがあります。

 

 

  • WEBライター:労働型収入
  • ブログ:事業型収入

 

 

 

WEBライターもブロガーも個人で稼いでいることには変わりがないのです。

 

ですが、企業に例えるとWEBライターは仕事を請け負う「会社員」ブロガーは仕事を生み出す「経営者」といった感じになります。

 

会社員のような労働型収入を続けている限り、WEBライターとしてのスキルは身につくものの、成果物は自分のものではないので、資産を生み出していることにはなりませんよね。

 

一方、ブログの成果物は自分自身のものであり、ネット上の資産となります。

自分が生み出した記事が資産となり、それでお金を稼いでくれることもあるのです。

 

さらに、労働型収入を得つづける大きなデメリットがあります。

 

それは、仕事を請け負うことに慣れてしまうことで、思考停止に陥りやすいことです。

与えられたものをするだけでは、自分の頭を使って考えたり、知恵を絞り出す、行動するという訓練をしづらいです。

 

大変難しい課題ではありますが、自分の頭を絞り行動していくことこそ、価値があるし、ひいては自分の人生を良くしていくことにつながるのではないでしょうか。

 

勇気を持って、自分から発信していきましょう。

 

WEBライターがブログを始めるにはWord Pressブログがおすすめ

WEBライターがブログを始めるにはWord Pressブログがおすすめ

 

ここまで述べてきたように、WEBライターがブログをやると、メリットが多いです。

 

WEBライター初心者
WEBライター初心者
どうやってブログを始めたら良いの?プラットフォームは何が良いの?

 

と思われたかもしれません。

 

これからブログを始めるのであれば、アメブロやはてなブログではなく、有料の「Word Press(ワードプレス)」ブログがおすすめです。

 

というのも、WEBライターが納めた記事はほとんどがWordPress上に寄稿されるからです。

 

さらに、個人ブログをやってWord Pressでの投稿・編集に慣れておくことで、「WordPressでの編集作業」を請け負うことも可能になります。

 

ちなみに、私自身もインフルエンサーの方より直接依頼にて、WordPressでの編集作業を請け負っています。

作業自体は慣れてしまえば難しくはないので、せっかくブログを立ち上げるのでしたら WordPressで作っておいた方が良いですよ。

 

Word Pressは有料ブログとなりますが、自分の自由に広告を貼ることができるので、収益化できるというメリットもあります。

 

WorePressブログの始め方については、以下の記事にて詳しく解説していますので、参考にしてみて下さいね。

 

»主婦でも分かるワードプレス(ブログ)の作り方を解説(パソコン不慣れでも大丈夫)

 

 

というわけで今回は以上です。

 

私自身、「WEBライター×ブログ」という両輪で進めていくことで、効率よく成果が出るのを体感してきました。

もっとWEBライターとしての価値を高めるために、ぜひブログをやってみて下さいね。

私もまだまだ道のり半ばなので、さらなる高みを目指して努力します。