40代からの生き方

【40代主婦の悩み】働きたくないと思うのはいけないこと?どうしたらいい?

【40代主婦の悩み】働きたくないと思うのはいけないこと?どうしたらいい?

40代の専業主婦
40代の専業主婦
子供の手が離れてきて、そろそろ働きに出なければと思うのですが、できれば働きたくありません。でも子供の進学費用や老後の心配もあります。どうしたら良いのでしょうか?

 

こんにちは、ゆめです。

約5年前に夫の転勤がきっかけで専業主婦になりました。

転勤先は海外だったため、専業主婦になってからは働くことについてはあまり考えてこなかったのですが、昨年末に帰国して、働くことについて考えるようになりました。

40代半ばになり、子供も成長してきて、働かなくてはと思ったのですが、正直な話、「外に出て働きたくないな」と思っていました。

 

「働きたくない」という感情は、何もいけないものではないと思っています。

一番大切なのは、その感情と向き合い、現状と向き合い、解決策を考えていくことなのではないでしょうか?

 

外で働きたくなかった私は、そうしなくて済む方法を考え、実践しました。そして、現在も実践中です。

 

というわけで、今回は「心の中の働きたくない気持ち」の対処法について解説していきます。

 

3分ほどで読めますので、ぜひ最後まで読んでみて下さい。

 

この記事を読んで欲しい人

 

  • 40代の主婦の方
  • 内心、働きたくないけれど経済的に不安と思っている人
  • パートで消耗している人
  • 好きなことをして生活したい人

 

 

この記事の内容

 

  • 40代主婦の働きたくない理由とは?
  • 働きたくない気持ちにどう対処すれば良いのか?
  • 自分に合った働き方とは?

 

 

40代主婦の「働きたくない」にはどんな理由があるのか?

40代主婦の「働きたくない」にはどんな理由があるのか?

 

あなたはなぜ働きたくないと思うのでしょうか?

主な理由を下記にまとめました。

 

 

  • 体力・気力の低下
  • 人間関係で疲れたくない
  • ブランクが不安
  • 残りの子育てを楽しみたい
  • スキルにならない労働をしたくない

 

 

詳しく解説していきます。

 

体力・気力の低下

 

40代になると、体力や気力が落ちたと感じることが多くなります。

もしかしたらそれは、更年期によるものかもしれません。

 

更年期はホルモンバランスが乱れやすく、疲れやすかったり、気分の浮き沈みが激しかったりということも。

 

さらには、寝ても疲れが取れずに常にだるいといった症状に悩まされている場合もあります。

 

体力や気力の低下が起こると、日々の生活でいっぱいいっぱいで、新しいことを始めたり、ましてや働こうとは思えず、働きたくないと思うのは当然の感情の流れかもしれません。

 

私も体力、気力ともにあまりある方ではないので、すぐに疲れて落ち込みやすいです。

なので、働くことで今以上の負荷をかけると、家事や子育てに支障が出るのは目に見えていて、働きたくないなと思っていました。

 

人間関係で疲れたくない

人間関係で疲れたくない

 

働きたくないと思う大きな理由の一つが人間関係によるものです。

 

働いていた時は、少なからず人間関係で苦労したことがあったはずです。

それを思い出して、また外で働きたくないなと思ってしまいます。

 

実際、私も働きたくないと思ったのは、人間関係によるものが大きかったです。

今から働くとなると、スキルがないのでパートや契約社員の仕事になるでしょうし、そこで女性同志の群れのような人間関係に入りたくなかったというのが本音です。

 

主婦の方だと理解してもらえると思うのですが、根掘り葉掘り、家庭の事情を聞いてくる人って多いですよね。

 

いくらお金のためと言っても、そういった無駄な話に人生の時間を使いたくないと思ってしまう自分がいました。

 

働きたくないと思っているあなたも、もしかしたら同じように思うのでは。

 

ブランクが不安

 

前の仕事をやめてから今まで、ブランクがあって仕事についていけるか分からないという不安もあります。

 

また、そもそも40代ともなると、年齢の制限があるんですよね。

 

求人募集の数も少なくなっているため、より不安な気持ちが増強されてしまって、働きたくないなと思ってしまう場合もあります。

 

私も昨年、引っ越してきてすぐに求人に応募しました。

そもそも、年齢制限に引っかかって、応募できる件数は少なかったですし、応募してもなかなか書類審査で通らず。

面接にこぎつけた会社では採用通知をいただきましたが、諸条件が合わず、結局、辞退しました。

 

残りの子育てを楽しみたい

残りの子育てを楽しみたい

 

40代の半ばともなると、子供が中高生になっていて、残りの子育て期間もわずか、という方も多いでしょう。

 

子供が乳幼児の時は、いつまで続くのだろうと思っていた子育てもあとわずかと分かると、子育ての時間が惜しいなという気持ちが押し寄せてきます。

 

まさしく私もそうで、後1年で長男は巣立っていくことになります。

家族全員そろって過ごせるのも後1年なのかと思うと、子供とたくさん会話したいし、ご飯も一緒に食べたい、そういう気持ちが強くあります。

我が家はこれまで海外、国内とバラバラに過ごした時期があったので、より、家族全員でいれる時間を大切にしたいという思いがあります。

 

というわけで、今の生活を守るために、働きたくないという気持ちが芽生えることもあります。

 

スキルにならない労働をしたくない

 

40代半ばの主婦が再就職しようと思っても、勤務条件や立地などを考慮すると、単純労働のパートしか条件に合うものがないという現実もあります。

 

私たち40代は良い大学に入って大企業に入れば将来安泰と言われた時代に就職活動をしてきました。

なので、学歴や企業での経験はあっても、個人としてのスキルは持ち合わせていないという方は結構いるのではないかと思います。

 

実際、私も同じような状況になっていまして、再就職にあたって他の人と明らかに差別化できるようなスキルを持ち合わせていません。

 

かと言って、スキルにならない労働をこの先続けて、今後の人生ずっと時給労働をし続けるのにも、疑問があるんですよね。

 

というのも、時間の使い方は命の使い方でもあるからです。

これから働くのであれば、スキルを磨ける仕事をして、将来の自分を少しでも楽にしたいし、自信をつけたいと思いませんか?

 

一方、経済面での不安も

一方、経済面での不安も

 

ここまで、私の経験を元に働きたくない理由を挙げてきました。

40代の専業主婦で、これから働きたくない、特に外で働きたくないと思う人は結構いると思います。

ただ、このくらいの年齢になると、ちょうど子供の進学などでお金がかかる時期でもあります。

40代の主婦
40代の主婦
これまでは、夫の給料だけで何とかなっていたけれど、これから支出が多くなり心配。だけれど働きたくない、どうしたら良いのでしょうか?

 

ゆめ
ゆめ
働きたくないという気持ちを尊重しつつ、できることがあります。ポイントは、働くか働かないかを考えるのではなく、働きたくないならどうしたら良いのか?を考えることですよ。

 

40代主婦の「働きたくない」は人生を見直すきっかけにもなります

 

働きたくないという気持ちは何も悪いものではないです。

働きたくないという自分の気持ちに向き合って、どうしていけばそれを叶える方に向かえるかということを考えることが大事ではないでしょうか。

 

無理に働かなくてもいい

無理に働かなくていい

 

働きたくないと思っているのであれば、働かないのも手です。

ただし、経済的な面での不安が残るので、家計の見直しは定期的にしておきたいです。

 

家計の見直しとして一番効果があるのは、固定費の削減です。

 

我が家がやったもので一番効果があったのが、家賃の削減でした。

と言っても、引っ越しが現実的ではない方もいるのですが、その他に固定費の削減に役立ったものを順に挙げていきます。

 

 

  • 格安スマホに変える
  • 買い物を全てクレジット払いにする
  • 習い事は一極集中化させる
  • 外食の回数を減らす
  • 毎日食べるもののグレードを上げない
  • 車はレンタカーにする
  • 見栄の買い物をしない

 

 

クレジットカード払いについては、「主婦こそ家計節約のためにクレジットカードを使うべき(お得にポイントを貯めて豊かになろう)」という記事で詳しく紹介しているので、参考にしてみて下さい。

 

また、働きたくない理由はいろいろあるものの、単一の生計だと不測の事態に収入が激減する可能性もあり、その時のリスクに備えておきたいものです。

 

というわけで、今すぐに働かなくても良いですが、働いて収入を得られるよう、自分の市場価値(スキル)を高めることはしておいても良いかもしれません。

 

自分の生き方・働き方を見つめるチャンス

自分の生き方・働き方を見つめるチャンス

 

働きたくないと思ったということは、自分の生き方についての一つの意思表示とも言えます。

というわけでこの機会に、これからの生き方・暮らし方について、自分の時間を取って考えてみましょう。

 

私もこれは意識的に時間を取ってやっています。

考える時間を作ることで、これからの人生をより良くするためには何が問題で、何をすべきか、少しずつ分かってきました。

心のモヤモヤも軽くなるのでおすすめです。

 

自分の人生は人に委ねるのでなく、自分で意思を持って動かしていくべきですよね。

 

在宅で働くという選択肢もある

在宅で働くという選択肢もある

 

働きたくないと思っている理由は、余計な人間関係に付き合いたくない、嫌な仕事をしたくないというものが多いと思いますが、それなら在宅で仕事をするという手もあります。

 

主婦が在宅でできる仕事は様々ですが、スキル0から始められて、仕事時間や量を自分で決められるWEBライターは、主婦にぴったりな仕事です。

 

WEBライターとして仕事をするには、クラウドソーシングサイトに登録する必要があります。

 

 

登録は無料で、自分ができそうな仕事を探して依頼を受けることができます。

 

私もWEBライターをしており、初月からちょっとしたお小遣い以上、パート代収入以下くらいの収入を得ることができました。

今はいろんな働き方があって、すぐに稼げる案件が多くあることに私も驚いています。

 

また、WEBライターは経験を積んでいくことで、単価の高い仕事を受けることができるようになります。

WEBライターは在宅で働きながら、スキルを付けられ、なおかつお金もかからずリスクの少ない仕事と言えるでしょう。

 

まずは上記を登録してみて、どういった仕事があるのか、見てみるのも良いと思いますよ。

 

というわけで今回は以上です。

働きたくなくても、働かない方法もあるし、外に働きに出ずに働くこともできます。

生き方、働き方は多様化しています。

ぜひ、時代の波に乗っかって、新しい生き方、働き方を模索していきましょう。

 

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。