40代からの生き方

40代専業主婦の悩みとは?その解決法とは?(挑戦しよう、今からでも遅くない)

40代専業主婦の悩みとは?その解決法とは?(挑戦しよう、今からでも遅くない)

40代の専業主婦
40代の専業主婦
子供の出産を機に専業主婦になりました。最近、手が離れてきたのもあり、自分のこれからの人生が不安です。どうしたら良いのでしょうか?

 

こんにちは、ゆめです。

40代の専業主婦で、中高生の子供が2人います。

約5年前に夫の転勤を機に、専業主婦になりました。

 

専業主婦になりたての頃は、専業主婦といい肩書きにマイナスイメージがありました。

 

良く書類やアンケートで、職業に丸をつける場面ってありますよね。

その場面に出くわすたびに、いったん躊躇して、丸をつけていた気がします。

 

専業主婦である自分が恥ずかしく、自信や誇りを持てなかったんです。

 

ですが、最近では専業主婦の自由度を生かして、生活を変化させてきたことで、自信が持てるようになり、いつしか恥ずかしさも消えていました。

 

というわけで、今回は40代の専業主婦のありがちな悩みと解決法について解説していきます。

 

この記事は3分ほどで読めますので、ぜひ最後まで読んでみて下さい。

 

この記事を読んで欲しい人

 

  • 40代の専業主婦の方
  • 40代で今の生活に不満を持っている人
  • 40代でこれからの生き方に悩んでいる人

 

 

この記事の内容

 

  • 40代の専業主婦の悩みとは
  • 40代の専業主婦の悩みを解決するには
  • これからの生き方を考える上で大切な思考

 

 

では早速始めていきます。

40代専業主婦にありがちな悩み

40代専業主婦にありがちな悩み

 

40代の専業主婦はいったいどんなことで悩んでいるのでしょうか?

良くある悩みについて、紹介します。

 

社会とのつながりが少なく孤独感がある

 

専業主婦は働いていないので、積極的に社会とのつながりを持たないと、孤独感を感じやすいです。

 

1日の終わりに、家族としか会話していない、さらには子供としか会話していないという方もいらっしゃるはず。

 

そんな時に疎外感や孤独感を感じます。

 

このままでいいのかな?私は社会に必要とされていない人間なのかな?などと、ネガティブループに入りやすいです。

 

自分に自信が持てずに、自己否定してしまうこともあります。

 

友人関係が狭い

友人関係が狭い

 

知り合う人といえば、子供のいらっしゃる方はその多くが子供を通してのママ友。

自分の友達ではなくて、子供の友達のお母さんという位置づけです。

ママ友同士の呼び方は〇〇ちゃんのママ、〇〇くんのお母さんと言った形で、名前を使わないことからも、自分の友達とは少し違った関係であることが明白です。

 

話す内容も子供の話や家事の話、時には旦那の愚痴やら他のママの愚痴など、たわいもない話に飽き飽きする人もいることでしょう。

 

また、時間に余裕があるためにグループ化しやすいことも特徴で、ママ友との関係をストレスに感じている人は意外と多いです。

 

働きたくても働けない

 

ここまで専業主婦の悩みを2つ説明してきましたが、それならば働けば良いのでは?という意見があるかもしれせん。

 

ですが、働きたくても働けない事情の人は多いものです。

 

子供に手がかかり、夫の手助けも期待できなくて専業主婦になっている人もいますし、親の介護や子供の病気など、特別な事情がある人もいます。

 

私は夫の転勤を機に専業主婦になりましたが、転勤先が海外ということもあり、現地での労働は認められていませんでした。

また、夫はほとんど家にいないので、子育てと家事はほとんどが自分でやるといった状況でした。

 

ただ、子育てと家事をしっかりやっていても、常に、働いておらず1円たりとも稼いでいないという罪悪感を拭きれずにいました。

 

また、外に働きに出たいと思っても、40代ともなると、なかなか働き口が見つからないという問題もあります。

 

20代、30代でキャリアを離脱した女性たちは、40代になりブランクがある中で再就職できるのか不安です。

 

そしてその不安からか、自信を失い自己肯定感を下げてしまっています。

 

周りから暇だと思われる

 

専業主婦は家事や子育てで「結構忙しいな」と感じていると思います。

しかし、周りからは「気楽でいいね」「仕事しなくていいなんていいね」と言われると良い気はしません。

 

周りの暇そうだからという思い込みで、用事を任される事も。

 

家族からも何でも屋さんと思われていては、いい気がしませんし、やってくれて当然という態度にイライラしてしまいます。

 

終わりのない家事、子育て

終わりのない家事、子育て

 

最近では家事は誰でもできるし、ものによってはロボットに任せられるものもあるので、価値の低い労働という位置づけになりつつあります。

 

しかし実際、特に家族で一緒に住んでいる場合は、そうでもないなと個人的には思っています。

というのも、家事が自分や家族のルールに従って滞りなく行われていることが、1日を有意義に使うための土台になっているため、価値があると思うのです。

 

ですが、専業主婦だと、大半の家事や子育ては母親任せになることが多く、終わりをはっきりさせづらいので、朝から晩までそれらに追われていることは多いです。

 

特に子育てについては自分でコントロールしづらいので、ストレスがたまりやすくなります。

 

経済的に夫に依存している

 

専業主婦の心配はなんといってもお金のこと。

1円もお金を稼いでおらず、経済的に夫に依存していることに、不安や自己嫌悪感を抱いている人も少なくないでしょう。

 

また、夫だけの収入に頼っていると、夫が病気になったり、職場から解雇されたりといった時に、経済的なリスクが大きくなります。

 

毎日家事や子育てで忙しくしているのに、お金にも余裕がない…と不安な気持ちややり切れない気持ちがあります。

 

老後の不安

老後の不安

 

40代にもなると、老後の不安を少しずつ感じるようになります。

 

一般に、専業主婦の家庭は、共働きに比べると生涯に獲得する収入が低くなってしまいます。

というのも、働いていない期間があるだけでなく、キャリアを中断したために、再就職しても共働きの人に比べると収入が低くなるためです。

 

老後にゆとりある生活をするためには、40代にどれだけ貯蓄できるかが重要となってくるでしょう。

 

というわけで、専業主婦は常にお金の不安を抱えています。

 

40代専業主婦の悩みを解決するには?

 

40代の専業主婦のあなたは、今、焦りや不安を感じていることと思います。

それを払拭するために、できることがあります。

 

新しいことに挑戦する

挑戦する

 

専業主婦は家事や子育てで忙しいですが、よくよく1日の行動を俯瞰してみると、空いている時間があることに気づきます。

 

もしかしたら、その時間を今は有益でないSNSやネットサーフィンなどに使ってしまっているかもしれないです。

 

その時間に新しいことを始めてみましょう。

 

時間の作り方については「主婦が自分時間を作るためにできること(意思と工夫で時間は作れる)」で詳しく紹介しているので、読んでみて下さい。

 

 

趣味や資格の勉強など、自分の興味のあることにチャレンジしてみると良いですよ。

 

私のおすすめはスポーツです。

ヨガや筋トレは家で短時間でできます。

 

自分を磨くことで自己肯定感が生まれますし、自信がついてもっと良くなりたい、挑戦したいというように意思力のアップにもつながります。

自宅でヨガや筋トレを始めるには、LEAN BODYというフィットネス動画見放題のサービスが質が高く、無料体験できるのでおすすめです。

 

LEAN BODYについては「LEAN BODYで40代主婦が自宅トレーニングしてみた(ダイエットや体調改善に)」で詳しく記事にしていますので、参考にしてみて下さい。

 

 

仕事を始める

40代の専業主婦が将来を考える上で大事な思考

40代の専業主婦でも、自分に合った働き方ができます。

週2、3回から始めてみるのも良いとは思うのですが、断然おすすめなのが在宅でできる副業です。

 

私も約5年近く専業主婦だったのですが、副業を始めて、収入を得ることができるようになりました。

それはブログとWEBライターです。

 

詳しく紹介しますね。

 

ブログ(アフィリエイト)

 

ブログとは今まさに読んで下さっているこのブログのことでして、個人ブログで情報発信することにより、広告収入を得ることができています

また、アフィリエイトとは、自分のブログで企業の商品を紹介し、読者が購入したら報酬をもらうシステムです。

 

ブログで稼げるようになるまでには多少なりとも時間がかかるのですが、時間を重ねるごとに収益が伸びていく特徴があります。

さらに、パートに出ても特にスキルは身に付かず、市場価値はあまり高まりませんが、ブログを運営することでWEBマーケティングやITの知識を高めることができます。

 

ちなみにアラフィフで専業主婦の私でもスキル0からブログを立ち上げ、収益を得られています。

リスクが少なく、在宅で始めることができるブログは40代の専業主婦にもってこいです。

 

始めるなら今ですよ。

ブログを始めたいと思った方は「主婦でも分かるワードプレス(ブログ)の作り方を解説(パソコン不慣れでも大丈夫)」を参考にしてみて下さい。

 

 

WEBライター

 

WEBライターの仕事は、クライアントから依頼を受けて、WEBサイトの記事を作成する仕事です。

『1文字=1円』というような単価で記事を書いて、3000文字書いたら3000円の報酬がもらえます。

 

依頼を受けるにはクラウドソーシングのサイトに登録します。

案件が豊富なサイトを2つ紹介しますね。

 

無料なので、早速登録して案件を覗いてみてください。

登録後に自分が依頼を受けやすそうなものを探していくのですが、家事や育児に関しての依頼も結構多いので狙い目です。

 

実績を積むと単価を上げることができますし、自分の空いている時間との調整もしやすいのでおすすめです。

 

40代の専業主婦が将来を考える上で大事な思考

40代の専業主婦が将来を考える上で大事な思考

 

将来を考えていく上で大切な考え方に「自責思考」というものがあります。

 

自責思考とは、簡単に言うと、何かトラブルが起こった時に自分に責任があると考えて、それを改善していくという考え方のことです。

 

逆に他責思考とは、それらを全て他者や外部の責任にするというものです。

 

トラブルに限らず、今の自分の状況はこれまでの自分の選択の結果であると自覚することは、将来考えていく上で、大事なように思います。

 

今の状況が自分が作り出したものなら、自分次第で、何とでも変えられます。

 

そう、自分の人生は自分の力でもっと良くできるんです。

 

40代の専業主婦では遅いと思ったかもしれません。

 

ですが、まだまだ人生半ば。

可能性はたくさんあります。

 

どうかあきらめないで、自分の人生を自分で創っていきましょう。

 

というわけで、今回は以上です。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。