40代からの生き方

ママ友との人間関係がつらい時の対処法(ママ友が全てじゃない、他の関わりを持とう)

ママ友との人間関係がつらい時の対処法(ママ友が全てじゃない、他の関わりを持とう)
幼少の子供をもつママ
幼少の子供をもつママ
ママ友との人間関係がつらいです。

子供のためにもママ友とは仲良くしていなくてはならないと思いつつ合わせていると疲れてしまいます。

どうしたら良いでしょうか?

 

こんにちは、ゆめです。

今では子供達は中高生になり、ママ友との付き合いは少なくなりましたが、子供が小学校低学年までの頃は、ママ友との人間関係にとても悩んでいました。

今回はその頃を振り返りつつ、ママ友との人間関係の対処法を紹介していきます。

 

この記事を読んで欲しい人

 

 

  • 気の合わないママ友との人間関係に消耗している方
  • 周りの目を気にしすぎてしまう方
  • 子育てに悩んでいる方

 

 

ママ友との人間関係が楽しいという方はそれはそれで良いことだと思います。

ただ、ママ友との人間関係で消耗して、自分が幸せだと感じられないのであれば、解決すべきです。

 

この記事を書いている私のバックグラウンドは以下の通り。

 

  • 子育てをしながら仕事をしていたが、多忙のためうつになり退職
  • 退職を機に、子供を保育園から幼稚園へ転園させる
  • 子供が幼稚園の時、ママ友からのいじめに悩みうつが重症化、入院になる
  • 通っている幼稚園は母親が送り迎えしなければならない、カトリック系の伝統を重んじる園だった

 

 

というわけで詳しく見ていきましょう。

 

ママ友との人間関係は思い通りにいかないけれど変えられる

ママ友との人間関係は思い通りにいかないけれど変えられる

 

ママ友との人間関係では時々嫌な思いをしたり、ギクシャクしたりすることがありますが、あなたの対処次第でその状況を変えることができます。

 

そもそも、ママ友との人間関係がつらいわけ

 

自分の選んだ友達ではないからです。

 

ママ友との人間関係は元々は子供を通じて知り合ったわけで、必ずしも友達というわけではないんですよね。

 

なのに子供が小さい時は、子供同士が一緒に遊ぶとなれば、ママ友と一緒にいなければならない。

場合によっては、幼稚園の後にお互いの家を行き来したりということもあり、気が合わないママ友の場合だと大きなストレスになります。

 

私は子供の幼稚園のママ友に番長タイプの方がいて、その方から度々嫌味を言われていました。

それでも、子供のためにはそのママ友にこれ以上悪く思われないように、つるんでいなくてはならないと思っていました。

 

というわけで、自分が選んだ人間関係ではないにも関わらず、そこから抜けにくくて、ママ友との人間関係がつらく感じてしまいます。

 

自分で選べないってストレスですよね。

 

ママ友との人間関係は有益なこともある

 

気の合わないママ友との人間関係はつらいですが、時には有益なことがあります。

 

例えば、お互い母親なので、子育ての悩みをシェアできたり、時にアドバイスをしあったりすることができます。

 

悪人というわけではないので、子供や私自身が具合が悪い時は手を貸してもらうこともありました。

 

一方でつらいと感じることも

 

母親は子供のために我慢しなければ、という思いが強くなって、必要以上に無理をしてしまうんですよね。

 

しかも、専業主婦だったりすると、幼稚園のママのつながりが唯一の自分の属するコミュニティだったりして、視野が狭くなっています。

 

不甲斐ない自分を自分で追い詰めてしまうんですよね。

 

まさしく私がそんな状態で、日に日にうつが重症化していきました。

そのうち、子育ても家事も全くできず、廃人のようになってしまい、最後にはご飯が全く食べれず、2ヶ月の入院生活をすることになってしまいました。

 

今考えると、周りの人につらいと言ったり、頼って良かったんですよね。

 

ママ友との人間関係がつらい時の対処法

ママ友との人間関係がつらい時の対処法

 

ママ友との人間関係は我慢せず、早いうちに対処法を見つけておくことが大事です。

 

私のように長い入院生活になって、家族と離ればなれになるのはダメージが大きいです。

 

私がしてきた対処法は下記の通り。

 

  • 他にかかわりの場を持つ
  • 趣味をする・SNSで発信する
  • SNSで発信して、稼ぐ
  • 在宅で稼ぐ
  • 夫婦で話す時間を持つ

 

 

順に説明していきます。

他にかかわりの場を持つ

 

先程書いたように、ママ友だけのつながりしか持っていない状態は視野が狭くなっていて、思い詰めてしまう可能性があります。

 

それを防ぐにはママ友以外の関わりを持つこと。

 

習い事でも良いし、他の友達とのつながりでも良し、オンラインのつながりでも良いと思います。

とにかく、視野を広げておくことに注力したいですね。

 

趣味をする・SNSで発信する

 

子育ての間は家にいる時間が長いです。

その隙間時間で趣味をやり、それを発信することは精神を保つのに役立ちます。

 

私は子供が幼稚園に行っている合間に裁縫を始めました。

その作品をブログ(アメブロ)で紹介したり、幼稚園のバザーで売ったりしていました。

単なる趣味ブログでしたが、時々コメントをもらったりして、すごく嬉しかったことを覚えています。

 

誰でも、多かれ少なかれ人から認められたいと思っていますよね。

 

SNSのつながりは、人を批判することを書くのはNGですが、自分の言いたいことを言えてそれに共感してくれる人がいます。

 

自分の声を誰かに届けることで心が楽になりますね。

 

SNSで発信して、稼ぐ

 

以前の私はブログやツイッターで稼ぐ方法を知りませんでした。

しかし今、子育てで外出もままならないような方に一番おすすめしたいのがブログ・ツイッターです。

 

というのも、ママ友との人間関係に悩んだ経験や、子育てや家事の経験をコンテンツにして、社会に価値提供できるからです。

 

さらに、コンテンツ次第では収入を得ることもできます。

 

現在の私はうつもすっかり治りました。

それも大げさではなくブログがあるおかげです。

 

ブログがあれば、精神を病まなくて済みますよ。

 

ブログは好きな時にやれる自由さもあります。途中で疲れたら休んだり、やめても良いですし。

ブログを始めたいなと思う方は「主婦でも分かるワードプレス(ブログ)の作り方を解説(パソコン不慣れでも大丈夫)」に詳しく書いていますので、ブログをやってみたいという方は読んでみて下さい。

 

在宅で稼ぐ

 

私は子供を幼稚園に通わせつつ、うつも寛解した頃に在宅で通信教育の添削を始めました。

 

1枚添削するのに1時間とかかかり、それで数百円しかもらえませんでしたが、それでももう一度社会と関わりができたことに、すごく嬉しかったのを覚えています。

 

今なら、在宅でできる仕事がたくさんあります。

簡単なものでいうと、データ入力の作業やweb記事を書いたりするものなど。

 

私は下記を利用して、仕事をしています。

 

 

上記の2社はインフルエンサーの方々も推しており、おすすめできるのではないかと。

単発でできるものもあるので、子育て中の隙間時間にもできます。

 

登録は無料なので、登録してみて仕事内容を検索してみるのも良いと思います。

 

夫婦で話す時間を持つ

 

夫は仕事で忙しく、妻は子育てであたふた…。

お互いに余裕がなく、すれ違いになることもありますが、夫に話を聞いてもらうというのは、即効性があります。

 

ちょくちょく、夫に話を聞いてもらいましょう。

 

というわけで今回はこれで終わります。

 

ママ友との人間関係はなかなか複雑な感情が混じり合っているなと感じます。

ママ友との人間関係が辛かったら「他の関わりを持つ・SNSで発信する・お金を稼ぐ」をしてみましょう。

 

過去の私と同じような人が1人でも減ることを願っています。

ここまでお読みいただきありがとうございました。