暮らしのアップデート

Amazonオーディブルのメリット・デメリットを解説(耳からインプット、読書したいけど時間がないを解決)

こんにちは、ゆめです。

今回はスマホ、PC、タブレットから本を聴くことができるアプリ「Amazonオーディブル」を紹介していきます。

本を買ったものの読む時間がなく積ん読になっている、本を落ち着いて開いて読書する機会が持ちづらいという方にとって有益なアプリなので、ぜひ参考にしてみて下さい。

Amazonオーディブルの特徴

  • オーディオブックアプリ
  • 40万冊以上のビジネス書、小説などが聴ける
  • 月額1,500円(30日間無料体験あり
  • 最初の1冊は無料ですべて聴ける
  • ちょっと聴いて合わなければ返品も可能
  • ながら読書ができて場所を選ばず本が読める

Amazonオーディブルのメリット5つ

  • 移動や家事の時間に読書ができる
  • 倍速再生することで本が短時間で読める
  • 目を使うのでなく耳を使うことで目の疲れ軽減できる
  • 教えてもらっている感覚があり定着しやすい
  • 1冊を繰り返し学ぶことができる

1つずつ見ていきましょう。

移動や家事の時間に読書ができる

Amazonオーディブルの一番のメリットは移動や家事をしながら読書ができるということ。

日常生活の中で、何かをしているけれど耳が空いているといった状況は結構あると思います。

主なものは移動や家事の時間ですが、その時間を学びに時間に変えることができます。

Amazonオーディブルはアプリを立ち上げて再生ボタンを押すだけ。

本を持ち歩くのも面倒ですし、持ち歩いていたとしても移動中にバッグの中から取り出して本を開くというのは特に狭い電車の中とかだとやりづらくて、本を読みたいけど読めないという時間が結構あったんですよね。

家事も同じで、手がふさがっていると読書ができず…。

なんだかんだ、読書の時間をまとめてとる必要があったのですが、Amazonオーディブルでの読書を始めてからは、読書のハードルを下げることができました。

 

ちなみに、最新の話題作もオーディブルで無料で読めちゃいます。

Amazonオーディブルは今まで無駄にしていた時間を有効活用でき、生産性を高めることができます!

倍速再生することで本が短時間で読める

Amazonオーディブルは読み上げの速度を0.5〜3.5倍まで選択することができます。慣れないうちは1.5倍ぐらいで聴くのが良いかも。

途中で聴き逃してしまったり理解が進まなくてもう1度聴きたい場合も簡単に操作できますし、倍速にすることで1冊読み終えるまでの時間を読書時間に比べると短縮することができます。

私の場合は毎朝の家事の時間が2時間程度あるのですが、2日間でビジネス書を1冊読むことができました。

私は今のところ習慣化している最中ですが、継続していけばものすごい量のインプットになりそう(アウトプット前提のインプット必須)。

【1時間ちょいで1冊読んだ方法】
・Amazonオーディブルで聴く
・3.5倍速
・散歩1時間、家事(洗濯物干す)10分で1冊完了
・1.0倍速なら4時間ちょい
・3.5倍速にしたら1時間ちょい
・通勤、通学にも活用できる
・歩いてる方が集中力も高くインプットしやすい
無料体験はこちら👉https://t.co/hcAftMKw8W pic.twitter.com/JcrmpkFahl

— しゅうへい@借金445.0 (@shupeiman) January 29, 2020

私がAmazonオーディブルを使うようになったきっかけのインフルエンサーのしゅうへいさん (@shupeiman) はなんと3.5倍速で使用している模様。

本だと何度も読むのは面倒ですが、オーディブルは倍速にして繰り返し聴くということもでき、本の内容を深く理解することができそうです。インプットもしやすくなりますね。

目を使うのでなく耳を使うことで目の疲れを軽減できる

Amazonオーディブルは耳を使っての読書なので目の疲れを軽減することができます!

日々、ネットから情報を得る量が多くなり、変化のスピードも加速しているので、ここ最近スクリーンタイムが長かなっている方も多いことでしょう。

目から情報を得ることに全てを頼るのではなく、どうせ耳が空いているのなら、それを積極的に使っていきましょう。

そうすることで目の疲れを軽減でき、日中の生産性も向上することができれば一石二鳥です。

教えてもらっている感覚があり理解しやすい

Amazonオーディブルはプロの方が朗読してくれているので、教えてもらっているような感覚があり、内容を理解しやすいです。

セミナーを受けているような感じで集中しやすく、途中で「うんうん」「なるほど」といった頷きをしたくなるかも。

実際の朗読はどんな感じなのだろう?と不安な方はサンプルを聴くことができるので、気に入った本がオーディブルに対応していたらぜひ試してみて下さいね!

Amazonオーディブルの無料体験はこちらから

1冊を繰り返し学ぶことができる

本を読んでもその内容を実生活に生かしていかなくては意味がありません。

ですが、本を読んで一晩たつとその内容を忘れてしまっているということが起こります。

  • 20分後には42%忘れる
  • 1時間後には56%忘れる
  • 9時間後には64%忘れる
  • 1日後には67%忘れる
  • 2日後には72%忘れる
  • 6日後には75%忘れる
  • 31日後には79%忘れる

有名なエビングハウスの忘却曲線というものですね。

読み終えた本をもう一度読むというのはなかなか面倒ですが、Amazonオーディブルでは繰り返し聴くことができるので内容を自分のものにしやすいです。

私はメンタリストDaigoさんの「自分を操る超集中力」を家事中に繰り返し聴いていますが、ノウハウを吸収することができるだけでなく、モチベーションをアップすることができています!

メンタリストDaigoさんの「自分を操る超集中力」を聴いてみる

ちなみに、Amazonオーディブルの無料体験が終わっても1冊目の本はそのまま聴くことができますので、繰り返し学べますよ。

Amazonオーディブルの無料体験を見てみる

Amazonオーディブルのデメリット2つ

  • 読みたい本がAmazonオーディブル対応でないものがある
  • 目からのインプットにこだわる人には不向きかも

時間を効率よく使っていきたい人、人生変えていきたい人にとってAmazonオーディブルはメリットだらけですが、デメリットもあります。さらっと紹介します。

読みたい本がAmazonオーディブル対応でないものがある

無料体験でdaigoさんの「自分を操る超集中力」を選ぶ方は結構多いかもしれないのですが、これを皮切りにdaigoさんの著書を読みたい!という場合、今のところオーディブル対応しているのは上記6冊のみ。

これからさらに増えていくかと思いますが…。今のところは全てオーディブルで読書を代替できる訳ではなさそうです。

この辺りはこれからに期待ですね。

目からのインプットにこだわる人には不向きかも

現時点で目からのインプットの方が記憶に残りやすかったり、こだわりがある方には向かないかも…と一応断っておきます(笑)。

ここ1、2年で一気に文字の媒体から動画のインプットに世間の流れが変わりましたからね。

インプット方法はあまりこだわらず、より合理的な方法を選んでいった方が、長い目で見ると良いと思います。

そして、1回、2回で違和感があったとしても、数回続けてみることで慣れるということもあります。

耳が空いているという時間って結構ありますし、その時間を無駄に過ごしてしまった…、学ぶ時間が取れなかった…といった自己嫌悪になりがちな状況を回避できると思うので、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

まとめ:Amazonオーディブルは今の時代の合理的なインプット法

紙の本、kindle、オーディブルと本からインプットする方法を試してきましたが、オーディブルが今のところ一番合理的な方法だと思っています。

というのも、移動時間や家事時間といった「目や手足を使っているけど耳は空いている時間」を有効的に使うことができるからです。

忙しくて学べないなんていっている場合じゃないですよ!

忙しくても学べる方法を考えていくべきですし、Amazonオーディブルはそれを解決してくれる1つの方法だと思います。

ぜひ無料体験してみて、習慣化してみて下さい。

というわけで今回は以上です。