おすすめグルメ

【タイ・バンコク暮らし】朝食はパン派の方へ朗報!リピートしたいドンドンドンキー1階の食パン

タイ・バンコクに住む子持ちの主婦
タイ・バンコクに住む子持ちの主婦

朝食はパン派なのですが、なかなか美味しいパンを買えるところがありません。お手頃な価格で美味しいパンを買えるお店を教えて下さい。

この記事を書いている私はバンコク在住3年半の主婦、バンコクに来る前からパン好きで首都圏の美味しいパン屋さん巡りをしていました。

バンコクではなかなか美味しいパンに出会えないなと思っています。

フランス仕込みのパン屋さんで、クロワッサンやバケットが美味しいお店は結構あるのですが、日本で食べていたような、外側はカリッと中側はモチっとしている食パンはあまりありません。

そんな中で今年2月にできたトンローのドンドンドンキーで販売しているパンは絶品でリピートしています。

今回は上記の質問に答えるべく、紹介していきます。

2019年2月オープンのドンキモール・トンロー店

バンコク在住者の方で知らない方はいないであろう「ドンキモール」。2019年2月のオープン当初は大きな話題となりました。

1、2階にはお馴染みドンキホーテが入っており、日本の食材や雑貨を買うことができて大変便利です。ちなみに、ドンキホーテはタイでは「ドンドンドンキー」と呼んでいます。

地図はこちら。

ドンキモールに関してはバンコク在住のブロガーさんが記事にされているのでお任せするとして、今回はドンドンドンキーで売られている食パンに付いてレポしていきたいと思います。

ドンキモール1階の「ドンドンドンキー」の食パンが絶品

ドンキモール1階のドンドンドンキー内、店内の奥に位置するパン屋さんの食パンが絶品です!

日本で大人気のもちもち食感にこだわり、究極の「もっちり」食感を追求しました。

とある通り、表面はサクッと、中はもっちりを楽しめる食感です。

粉は日本産のものを使っている訳ではなさそうですが…日本で食べる食パンにかなり近い気がしています。

日本人って「もっちり」が大好きですよね。

ドンドンドンキーのホームページでも紹介されていますね。

種類が豊富なのですが、買いに行く日や時間により品揃えが違います。私がリピートしているのは下記です。

Japanese White Bread 「Kiwami」(Half)

いわゆる普通サイズの食パン「Kiwami」はもちもちしていて個人的にはNo.1です。

「Kiwami」はハーフサイズ(1斤)が78バーツ(約270円)、フルサイズ(2斤)が156バーツ(約530円)です。

毎日焼きたてを販売していますので、「スライスしてもらえますか?」とお願いするのですが、大体が「焼きたてなので…できません。」と言われることが多いです。

という訳で自宅でカットして常備しています。切るときは普通の食パンより柔らかいので、丁寧に。。。

トーストすると外はカリッと、中はもちもちで、シンプルなバタートーストが絶品です。このパンを買った日は、翌日の朝食が楽しみです。

Japanese style loaf bread

上記の「Kiwami」がないときは「Japanese style loaf bread」を購入しています。

Japanese style loaf bread 1斤 80バーツ(約270円)

上記の2つとも牛乳を用いた柔らかい食パンなのですが、切った断面や食感では「Kiwami」の方がしっとりしていてもちもちとしている気がします。しかし、こちらも「Kiwami」に劣らずのおいしさです。

こちらのパンは厚くスライスして食べるとおいしいです。

通常の私の朝食です。青汁とヤクルトは定番。パンがおいしいとテンション上がります。簡単かつ体調が良いメニューを色々試した結果、上記に落ち着きました。

まとめ

ドンキーモールの1階にあるドンドンドンキーのパンは店内で作られていて、日本でよく食べられているもちもちの食パンを買うことができます。

中でもJapanese White Bread 「Kiwami」と「Japanese style loaf bread」がおすすめです。

朝食はパン派の方はぜひ買いに行ってみてくださいね。

店舗情報