おすすめグルメ

【バンコク・タイ料理】旅行者も在住者も満足できるシーフードレストラン「ソンブーン」予約方法も紹介

ソンブーン
タイ・バンコクに旅行予定の人
タイ・バンコクに旅行予定の人

タイ・バンコクを訪れた際にここは行っておいた方が良いというレストランはありますか?

この記事を書いている私はバンコク在住3年半の主婦、タイ料理が大好きで色々なレストランに食べに行っています。

その中でもタイに来たらここには行くべき!というシーフードレストラン「ソンブーン」を紹介します。

私はタイに初めて旅行に来た4年前にソンブーンに訪れたことがあるのですが、その時も全ての料理が美味しく感動したのを覚えています。

そして、今回またアテンドで訪れたのですが、感動の味はそのまま、旅行者の方だけでなく、バンコク在住者にとっても満足度の高いレストランだと改めて思いました。

上記の質問に答えるべく、紹介していきます。

バンコクでタイ料理を食べるなら「ソンブーン」は外せない!

「ソンブーン」こと「ソンブーンシーフード」は1969年創業のシーフードレストランです。オープン当初から「プーパッポンカリー(蟹のカレー炒め)」が人気で、現在でもその人気を維持しています。

お店に行くと著名人の写真や記事などが飾られていて、人気ぶりが伺えます。以前、小泉元総理大臣や秋篠宮ご夫妻が訪れたことでも有名です。

現在ではバンコク市内に8店舗を展開し、いつも多くの人で賑わっている超人気のレストランです。

「ソンブーン」を訪れるなら事前予約がおすすめ

「ソンブーン」は人気のレストランで夕食時には行列ができていることが多いので、事前予約がおすすめです。事前予約はお店のホームページからすることができますので、日本からの旅行者の方でも気軽にすることができます。

上記の黄色く囲った場所「Reservation」から、予約のページに進みます。

  • 店舗
  • 名前
  • 日付・時間
  • 人数
  • 個室の利用の有無(有料)
  • E-mailアドレス
  • 電話

を入力or選択します。

予約が完了すると、登録していたアドレスに予約完了のメールが届きます。

メールと共に地図と、タクシーを利用する場合、類似のお店に連れて行かれる詐欺があるとのことで注意喚起の文章と類似店の看板の画像が送られて来ました。

注意しておきたいことは、当日、予約の時間から遅れるとその席を予約なしの方に開放してしまうので、メールの内容にある通り、予約時間の10分前には到着しておいた方が良いということです。万一予約に遅れてしまいそうな場合は、お店に直接電話しましょう。少々の遅れでしたら、席をキープしてもらえる可能性があります。

今回はBTSチットロム駅からほど近いデパート「セントラルエンバシー店」を予約し訪れましたので、紹介していきます。

「ソンブーン セントラルエンバシー店」について

「ソンブーン セントラルエンバシー店」はBTSチットロム駅からほど近いデパート「セントラルエンバシー」の5階にあります。セントラルエンバシーは駅から直結しており、雨の日でも濡れずにアクセスすることができ、BTSを利用すれば渋滞に巻き込まれることもないので、便利です。

地図はこちら。

また、セントラルエンバシー店は店内が他のお店と比べて高級感があり、駐在員の接待でもよく使われている人気の店舗だそうです。

店内奥には大人数で利用可能な丸テーブルがあります。今回は2週間以上前に予約しておいたので、ラッキーなことに窓際の席を利用することができました。バンコクの景色を楽しみながら食事をすることができますので、満足度が高いです。下にBTSが走るのが見え、夕暮れ時の景色はとっても綺麗です。

メニュー

「ソンブーン」に来たら外せないのが「プーパッポンカリー(蟹のカレー炒め)」です。

こちらはLサイズで1,000バーツ〜1,200バーツ(約3,400円〜4,000円ほど)、6人〜8人前です。見えづらいですが、蟹がドーンと一匹入っています。

ソンブーンのプーパッポンカリーはココナッツミルクと卵が加えられており、ピリ辛ながらマイルドな味わいで、子供も食べれる人気のメニューです。

私はプーパッポンカリーは他の店で時々食べることがあるのですが、やはり大元のソンブーンのプーパッポンカリーは一線を画する味だと感じました。やはりタイに来たらこちらを一度は食べるべき!

川海老焼き Lサイズ 900バーツ(約3,060円)、写真は2人前です。

カオニャオマムアン Sサイズ

その他、アテンドを頻繁にしている駐在員からおすすめと聞いていたものを注文しましたが、全てが絶品でした。

注文したものは以下の通り。

  • プーパッポンカリー
  • トムヤムクン
  • 川海老焼き
  • 空芯菜炒め
  • 塩漬けの魚とナスのホットプレート
  • エビと春雨の蒸し煮
  • ご飯
  • カオニャオマムアン
  • ドリンク(ノンアルコール)

合計8品で7人がお腹いっぱいになるまで食べて一人約850バーツ(約2,890円)でした。

最後に

今回、久しぶりに「ソンブーン」を訪れましたが、どの料理もレベルが高くボチュームもあり、皆大満足でした。タイ旅行の際には必ず訪れてほしいレストランです。また、タイ在住の身としても時々訪れたいなと思いました。

「ソンブーン」は旅行会社経由で予約することもできますが、メニューが固定されているので、自由に選んで食べたいという方はホームページから事前予約してみるのがおすすめです。ホームーページでの予約は思ったより簡単でなおかつ確実です。

ご興味のある方はぜひ行ってみてくださいね。

「ソンブーン」セントラルエンバシー店の店舗情報

*上記ページでの予約は24時間前まで。予約時間の10分前に到着要。

  • Line ID:somboonembassy
  • Google mapはこちら