思考術

成長を続ける人、やめてしまう人の違いは?幸せになるために意思を持ち成長し続けよう!

こんにちは、ゆめです。

先日、下記ツイートをしました。

30代、40代になると、成長し続けている人と成長をやめてしまった人との差が如実に表れてくると思う。

日々、#今日の積み上げを通して行動を続けていると、周りの人と話が合わなくなってくる。何らかの話をしても、けむたがられてしまうだけ。

成長し続けられる人との人間関係は心地よいですね。

30代、40代になると、職業に関係なく、人間力としての差がはっきりと表れてくるように感じます。

今日はこのツイートを深掘りしていきます。

30代、40代で人間力に差が表れてくるわけ

20代の頃までは生き生きとしていた人でも、30代、40代になると元気がなくなってしまう人がたくさんいます。それは職業などとは関係なく、人間として成長しようとし続けている人か、そうでない人かで差がついてきます。おそらく、多くの人が今よりももっと良くなりたい、もっと幸せになりたいと願っていると思います。

それには今よりも自己成長することが必要なのですが、願うものの多くの人があきらめてしまいます。

なぜ成長をやめてしまうのか?

成長をやめてしまう理由は、成長をする意思を持ち続けられないからです。

持ち続けられない理由は、仕事や子育て、病気etc…20代の時に比べて、30代、40代になると、自分ではコントロールできないものが多くなってきます。

人は何か障害になりそうなことがあると、それを言い訳にして、できない理由を言ってしまいがちです。

「本当はやりたいけれど、できない。」と言う風に。

自分の意思が弱いのを、周りのせいにしてしまっています。

本当にやりたいことなら、いかにやるかを考えていくべきなのに、できない理由を言ってしまう方が、その時は楽です。

しかし、その代償や後悔は近い将来やってきます。

私自身も30代の頃は長い間うつに悩まされて、成長とは無縁の日々を送っていました。周りとの差がついてしまうことに対する焦りを感じる毎日を送りながらも、病気を挑戦できない言い訳として使っている自分に気づきました。

40代になってから、「もっと良くなりたい、もっと幸せになりたい。そのためには、人にそれを求めたり、与えられるのを期待するのではなく、自分で行動していかなくてはならない。」という思考に切り替わってから、成長のスピードが増してきました。

30代に停滞期を過ごしたことは大きな後悔になっています。しかしそれが今の原動力の1つです。

成長こそが幸せに生きるコツ

周りからの承認欲求を満たすための努力は、他人の人生を生きることになり、意思を継続することが難しいです。

それよりも、自分自身の成長を感じ取れた方が、自分の人生を生きることになり、意思を継続することができます。

さらに、自分自身の成長こそが、幸せをもたらしてくれます。もっと自由に、自分の成長に集中して生きていったらいいのにと常々思い、行動しています。

成長には年齢は関係ない、行動すること

一度成長の歩みを止めてしまった人でも、あきらめない気持ちさえ持ち続けられれば、成長できると思います。

私の周りには40代でどんどん成長し続けている人もいれば、そうでない人もいます。

逆に、20代なのに保守的で成長を止めてしまった人もいます。

成長しなければ幸せになれないので、今からでもどんどん行動して成長していくべきですよね。

人生の終わりが来る時まで、意思さえあれば成長し続けられると信じています。

成長のためにできること

新しいものをどんどん試す

時代の変化は早く、どんどん合理的な商品やサービスが登場しています。

今のままの方が勝手がいいからと決めつけずに、どんどん試していったら良いと思います。

試した後に、自分に合うならそれを取り入れれば良いし、合わないならやめればいい。

自分の慣れ親しんだスタイルが一番と思わずに、どんどんアップデートしていった方が、日々の生活が楽しくなるし、自分自身の成長にもつながります。

自分と違う世代のインフルエンサーをフォローする

これも私が実際にやっていることなのですが、同世代だけでなく、10代、20代のインフルエンサーをフォローしています。

その理由は昔ながらの先入観がなく、より合理的な思考をベースに発信している方が多いからです。

自分の考え方を疑ってみる良い機会になりますし、良いなと思うことは積極的にマネをしています。

成長している人と友達になる

バンコクに住むようになってから、多国籍で年齢性別、職業も様々な友達ができました。

成長している人と友達になることは、成長を加速させることにもつながり、お互いにとって大きなメリットになります。

自分を変えていく

自分を大事にするのも良いことなのですが、ある時、「自分のちっぽけで薄っぺらい価値観にこだわっているなんて、なんて器の小さな人間なんだろう。」と思うことがあり、それからは人の意見をスポンジのように吸収して良いものを取り入れるようになりました。

変なこだわりやプライドを捨てて、自分を変えていった方が楽で楽しいです。

というわけで、今日はここまでにします。

もっと成長していきもっと幸せになりたいので、これからもプライドを捨てて自分のやりたいことに挑戦していきます。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。